プログラミング学習は孤独との戦い?第2章リプレイ

テクノロジア魔法学校 リプレイ(復習)
この記事は約3分で読めます。

再入学のテクノロジア魔法学校第1章は一気にやっても大丈夫だったけど、第2章はかなり疲れる。結局1週間かかり修了。全くできなかった日もあり、1時間だけの日もあり、4時間くらいやった日もあり。

難しい・・

第2章になると急にボリュームが増え、急に難しくなる。前回ノートにまとめておいたので、それを見ながらやっていて、ちゃんと書いてあるわって自分で関心することもあれば、これ書いてないじゃんって思うこともあり。仕方なくヒントを見ながらやり、ノートをみると、ここに書いてあったわなんてことも。

ゲーム、メディアアート、ウェブデザインの3種類が学べるけど、ウェブデザインに関しては、もともとわかるので、これだけサクサク進むのが救い。これもわからなかったら、言語の違いにも戸惑い、もっと大変だと思う。

1レッスンが長い

1レッスンの所要時間が20分から40分、30分から50分など長い。せめて20分くらいに途中で一回区切ってもらえるといいのに。30分から50分かかると書いてあると、スタートするにも気が引けちゃう。

ウェブデザインはすべて理解できて進んで行く感じがあるけど、ゲームやメディアアートは言われるがままでよくわからずに進んでいるものも。レッスン中でもキャラが、まだざっくりでもとか、だんだん慣れてわかるようになるって言ってくれるものもあるけど、そう言ってくれないものの方が多くて。今の時点でどこまでちゃんとわかっていないといけないのかよくわからず不安。

でもがんばれるのは

ただの復習ではなく、リプレイ機能で、ストーリーや謎解きもやり直すことができるし、そこはモチベーションが保ちやすい。ディズニーでもあり、それが売りのプログラミング学習教材なので、やっぱりこれを買ってよかったなって思う。

やる気はある

学校のプログラミング教育に少し関わっている私。でも理想と現実もあり。私個人ではどうにもならないことの中にいるので、打開するためというより、私自身がそこから抜け出して、違う形になりたいなという思いがあり。

違う形がどういう形なのかもまだ見えていないけど、以前からそういうことを目指していて、テクノロジア魔法学校も購入したのに、色々関わっていくうちに、そっちに時間を取られてしまい、勉強がおろそかになってしまったのでここでがんばろうかなと。

孤独との戦い

自宅学習教材ゆえ、孤独との戦いでもあるかな。私はまだ息子にあーだーこーだ言えるのでいいけど、周りに話がわかる人がいないとストレスたまるかも。

がんばったご褒美

レッスン以外の謎解きやストーリー展開もとても楽しくよくできている。1年前に息子がメインでやっていたのもあり、すっかり忘れていて、1から楽しめた。謎解きもかなり凝っているので、必死だったり。ヒントページで、少しずつヒントを開示して、最後までわかるようになっていた。以前はここまでしっかりしたヒントがでなかったような。改良されたのかな。

すごく楽しかったので、これからまた第3章もがんばろうと思うけど、第3章から声優さんの音声が入ってないので、そこだけ早くしてほしいな。


 

コメント